京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/12/12
本日:count up5
昨日:44
総数:144618
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
12月12日(木) 6年生が食育(野菜料理教室)の学習で,京都卸売市場に出かけます。

SDGs学習【5年生】

画像1
画像2
画像3
安朱の魅力でもある豊かな自然を守るため
私たちになにができるのか

SDGsの17の行動目標を基に一人一人が考え,取り組んできたことを友達と振り返りながら,うまくいっていることや難しかったことを交流しました。

「行動目標12 食品ロスをなくすよう努力している。最近,冷蔵庫の中を,消費期限の早いものを手前に,遅いものを奥に並べ替えるようにしている。それだけでも前よりうまくいくようになった。」
「行動目標7 限られた資源をどう無駄なく使うのか,使っていないコンセントを抜く,1回1回電気を消す,できることを家族みんなで話し合ったよ。」

今後,ポスターにして発信していきます。
11月1日には,再び,京都大学の浅利先生が(ゼミの学生さんも一緒に)来てくださいます。
やってみたからこそ感じた難しさや疑問点もあると思います。
アドバイスをもらい,さらにこれからの活動につなげていけたらと思います。

【5年生】ポスター発表

画像1
 SDGs学習を行っています。

 自分たちで決めた取組を行い,カレンダーに気付いたことをためています。自分で体験することで見えてくることもあります。

 もう一つ,ポスター発表のモデルを見て気付いたことを話し合いました。先日6年生と行ったばかりの5年生は,6年生からもらったアドバイスともつなげて考えることができています。
 「共感する」ことって大切だな。
 たがいに気付きあえる場があるって素敵だな。
 2回目のポスター発表が楽しみです。

【5年生】「糸のこすいすい」〜すいすいできた

画像1
 図画工作の時間に,2回目の「電動糸のこぎり」にチャレンジしました。
 
 電動糸のこぎりにも少しずつ慣れてきて,今回で無事に板を切り終わりました。
 学校支援ボランティアの方にお礼を伝えたところ,「一緒にできて楽しかったよ。」と言って頂きました。
 はりの調整等,丁寧にみて頂き安全に学習できました。
 ありがとうございました。

糸のこすいすい【5年】

画像1
画像2
画像3
5年生になり,初めて体験するものがたくさん出てきています。
今回は,図画工作の時間に,「電動糸のこぎり」を使うことにチャレンジしました。
この学習には,学校支援ボランティアの方にも,一緒に参加していただき,初めて使う電動糸のこぎりにドキドキの子ども達を助けていただきました。
おかげで,おっかなびっくりでやり始めた子ども達ですが,けがをすることもなく,安全に糸のこをつかって切ることができました。

【5年生】環境学習〜電気エネルギーと環境〜

画像1
画像2
画像3
9月10日
関西電力の方においでいただいて,エネルギーの利用と環境問題についてのお話を聞きました。
講師の先生による発電模型を用いた実演やグループに分かれての発電の体験を通して,普段何気なく使っている電気に対する理解を深めることができました 
最後に,省エネ方法とその効果についてお話を聞きました。
電気エネルギーの視点から環境について知る良い機会となりました。

5年 KDDIスマホ・ケータイ安全教室

画像1画像2
9月3日 
 KDDIスマホ・ケータイ安全教室がありました。
 ケータイ自体はとても便利なもので,生活の中で役にたっているものですが,使い方によっては害を及ぼすものだということを講師の方に教えて頂きました。
 「文字コミュニケーショントラブルやSNSを使用したいじめ」「ゲームや動画サイト,SNSなどスマホ・ネットへの依存」「ネット上の出会いと自画撮りの危険性」の3つのテーマでお話を聞いて「何が問題だったんだろう」「どうしたらよかったんだろう」を話し合いました。その後に「トラブルを防ぐポイント」や「トラブルにあったら」を教えてもらったことで,スマホ・ケータイと上手につきあっていく方法がわかりました。

【5年生】SDGs学習

画像1
画像2
7月4日
 浅利先生をお迎えして,SDGsについて「深く」知る学習を行いました。
 
 まず先日の6年生との交流の中で,自分は何を学んだか?そして,もう少しわかりにくくてもやもやしていることを明らかにしていきました。
 浅利先生より,5分間で17の行動目標のキーワードをあげていくよう言われ,じっくりと17の行動目標を見つめながら言葉を見つけていきます。

 交流の時には「17すべて」「同じキーワードはなく」という条件で,自分の考えたキーワードを発表していきます。
 次に「誰一人取り残さない」ために「安朱の地域で」「世界で」取り残されている人はいないかグループで出し合います。それを解決するために「地域・社会」は何ができるか?それを支える自分は何ができるか考えて交流しました。
 夏休みの行動につながる学びになりました。

【5年生】6年生が先生〜SDGsについて

画像1
6月27日
 パワーアップタイムを活用して,6年生からSDGsについての話を聞きました。
 自分たちが取り組んだSDGsについて,5年生の児童に伝えます。

 「皆さんはどんなことが気にかかっていますか」「いつもでも自然豊かな 持続可能な安朱にするために何が大切ですか」
 さまざまな行動や考え方が出てきたとき,それらをつないで考える琴も大切であることも伝えてくれています。
 5年生は,自分事として目の前の事象と向き合いながらこれから学習が展開していきます。
 7月4日には,京都大学の浅利先生が来てくださいます。

【5年生】 花背山の家36 退所式

画像1
13:30
 玄関前広場で退所式をしました。

 終わりの言葉の後,花背山の家の方からのお話です。
 どんな思い出ができたでしょうか。
 1日1日たくましく,それぞれの活動に向かっていった子どもたちの学びに感動です!

 山の家の方々にも「ありがとう」の気持ちを伝えました。本当に豊かな体験を…そして,豊かな学びをありがとうございました。

【5年生】花背山の家 35 振り返り

画像1画像2画像3
13:10
 研修室で花背山の家の活動の振り返りを行っています。

 学びを言葉にかえて振返りをします。この後の退所式でもしっかりとのぞみたいです。
 (14:00〜退所式をおこない,その後バスに乗って帰る予定です。)
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
10/29 みさきの家宿泊学習2日目
10/30 みさきの家宿泊学習3日目
11/2 大文字駅伝支部予選会
学習
11/1 SDGs学習5年
11/2 俳句 大森先生授業3年

学校教育目標

年間行事

安朱だより

なかまの日

学校評価

学校いじめ防止基本方針

全国大会案内

その他

運動会

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

小中一貫教育構想図等

学校沿革史

京都市立安朱小学校
〒607-8015
京都市山科区安朱山川町17
TEL:075-591-0001
FAX:075-591-7972
E-mail: ansyu-s@edu.city.kyoto.jp