京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/01/24
本日:count up4
昨日:80
総数:228875
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク

1月24日(金) 愛知県瀬戸市,三重県松阪市より視察

 1月24日(金),愛知県瀬戸市立祖東中学校,道泉小学校,東明小学校から6名,三重県松阪市立南小学校,大枝中学校から4名の皆様が来られました。瀬戸市では祖東中学校を含む7つの小中学校が統合し,小中一貫校の「にじの丘学園」が4月から開校します。また,松坂市では,幼小中連携教育を推進しています。小中一貫教育校として11年目を迎え,同じ施設内に小規模保育施設「小野山わらんべ」もある本校を視察していただきました。小中学校の教職員の連携,地域との連携を中心に話はすすみ,小中一貫教育校では9年間あることをアドバンテージとすることが大切であることを確認しました。学校運営協議会の理事長でもある自治連の会長にも来ていただき,施設の説明などをしていただきました。
 説明の後,小規模保育施設「小野山わらんべ」,子育て支援施設「つどいの広場ぴーちくぱーちく」,学院生の学習の様子,校内の掲示物などを見ていただきました。今日は全校縦割り給食の日で,学院生と一緒の給食では楽しく交流されました。

画像1
画像2
画像3

いのちの教室(1月22日)

3時間目に,京都動物愛護センターとNPO法人アンビシャスから講師の方々をお招きし,前期ブロックの学院生対象に「きょうとアニラブクラス」出前授業をしていただきました。連れてこられたセラピードッグ6頭と一緒にいのちの学習をしました。
生き物を飼っている家庭も少ないので,初めて犬を触ったよという子もいました。犬の触れ方を教えてもらい,ふわふわの感触を確かめたり,抱っこさせてもらってぬくもりを実感したりしました。また,聴診器を使って心音を聞いた時には,自分の音と比べてとても速いことに驚いている様子も見られました。
京都動物愛護センターの方からは,犬の寿命について,さらに生き物を飼うときは,命を預かる責任をもって最後まで飼うことが大切であるというお話を聴きました。
動物は,人間と同じように感情をもっているということ,そして,私たちと同じ「いのち」あるものだということを,将来,動物を飼う機会が訪れたら思い出してほしいと思います。

画像1
画像2
画像3

1月17日(金) 避難訓練

 1月17日(金),朝会,ふれあいタイムの後,避難訓練を実施しました。初めに,教室で地震の災害や地震発生時の避難方法を学習しました。その後,“地震が発生した後,火災が起きる”という想定で避難訓練を行いました。緊急地震速報を受けて,教室で一次避難行動をとり,放送の指示で運動場に避難しました。
 朝会で校長先生から,25年前の1月17日に起こった阪神淡路大震災についての話もあり,学院生は地震や火災の恐ろしさをしっかりと意識し,避難行動を行いました。講評では,もしもに備えることの大切さについて話がありました。そして,左京消防署大原消防出張所の隊員の方から,「教室で学院生みんながしっかりと話を聞いて学習し,避難訓練でも真剣に一時避難行動をとった後,スムーズに運動場への避難ができていました。高学年は他の人も助ける力をつけてください。低学年はそのような高学年を見習ってください。そして,全員が生きる力をつけてください。」という話がありました。
 日頃から,一人一人が防災について考えてほしいと思います。大原消防出張所の隊員の方,避難訓練にご協力いただき,ありがとうございました。

画像1
画像2
画像3

1月 朝会・ふれあいタイム

画像1画像2
今日の朝会は,「忘れてはならない1月17日」について校長先生からお話がありました。25年前の1月17日に起こった阪神淡路大震災から,どんなに大変なことがあっても負けない強い心,助け合う優しさをみんなが学んだということ。1月17日に何があったかを忘れないこと。そして大変なことがあっても人は負けない,人は助け合って生きているということを話されました。お話の中で紹介された歌『しあわせ運べるように』の歌詞と映像にも学院生は真剣に見入っていました。
その後,ふれあいタイムがありました。1月の人権学習「人を大切にしよう」で,4年生が学習したことを発表しました。6年生の人権標語「人の文字 支え合ってできている」をもとに,4年生は「どうすれば人が支え合っていけるのか」ということについて考えました。目に見えるちがいだけでなく目に見えないちがいも含め,人とのちがいを受け止めて認め合い,相手の立場になって考えることで人は支え合っていけると,いろいろな例を挙げながらわかりやすく伝えてくれました。

左義長

1月15日(水),2時間目に三千院の左義長に小野山わらんべの保育園児さんと1〜6年生で参加してきました。左義長は,古くから行われている,正月の飾りや古札を焚く新年の行事です。
学院生も古いお札やしめ縄や習字で書いた書初めをもっていき,火にくべました。紙が高く上がれば上がるほど,字がうまくなるよと教えてもらったので,時折パンパンと音を立て燃える様子をじっと眺めている子もいました。
御門主様から,「今年一年が良い年になるように,みんなで福を呼び込みましょう。そのために,みんなで大きな声でワッハッハと笑いましょう」と呼びかけがあり,3回ほど皆で大きく笑いました。
その後,焚き上げの火で焼いたお餅を食べると一年の病が除かれるといわれているそうで,おぜんざいを振る舞ってもらいました。地域の伝統行事を体験させていただき,たくさん福をいただいて帰ってきました。

画像1
画像2
画像3

家庭教育講座 1月14日

 本日の参観に合わせ,家庭教育講座を実施しました。本校の施設内にある,つどいの広場「ぴーちくぱーちく」に来られていた親御さんにも参加していただきました。
整体師の笠間孝治先生をお招きし,「がんばらない!正しい姿勢づくり」と題してお話していただきました。姿勢が崩れる原因は体の疲労により起こるもので,体を緩ませると自然とよくなっていくそうです。正しい姿勢づくりのための椅子の選び方や座り方,固まった筋肉をほぐす体操など,体を動かし体感しながら学ぶことができました。日常の何気ない動作も,股関節から動かすことを意識すると体に負担がかからないということも,正座の仕方を通して実感できました。
 子どもだけでなく,大人もついつい楽な姿勢をとってしまいがちですが,心と体の健康を維持するためにも,日常の正しい姿勢を少しでも長く保つよう意識して生活していきたいと思いました。

画像1
画像2
画像3

1月14日(火) 人権学習授業参観4

人権学習の様子です。
画像1
画像2
画像3

1月14日(火) 人権学習授業参観3

人権学習の様子です。
画像1
画像2

1月14日(火) 人権学習授業参観2

人権学習の様子です。
画像1
画像2

1月14日(火) 人権学習授業参観1

 1月14日(火),人権学習授業参観を行いました。1年から6年は5限に人権学習を行った後,6限に保護者懇談会を行いました。7年から9年までは5,6限で人権学習を行いました。授業を通して,人権についての理解を深め,人権を大切にすることについて考えました。ご参観をしていただきました保護者の皆様,ありがとうございました。

画像1
画像2
画像3
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

令和2年度 教員公募

研究報告会

就学時健康診断のお知らせ

学校経営方針

学校だより

学校評価

お知らせ

学校いじめ防止基本方針

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

日本義務教育学会

小中一貫教育構想図等

京都市立大原小中学校 部活動運営方針

京都市立大原小中学校
〒601-1242
京都市左京区大原来迎院町22
TEL:075-744-2004
FAX:075-744-2079
E-mail: ohara-sc@edu.city.kyoto.jp