京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2021/04/20
本日:count up52
昨日:218
総数:426178
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
学園教育目標「自らを高め 共に生き 希望を抱いて未来を拓く」

京都市中学校秋季総合体育大会 男子バレーボール部 決勝トーナメント

画像1
画像2
画像3
 11月1日(日)に男子バレーボール部の秋季新人大会の決勝トーナメント1回戦が八条中学校で行われました。対戦校は藤森中学校でした。
 1セット目は相手の強力なサーブに苦戦しました。緊張もあって自分たちのプレーができませんでした。その結果,9対25で取られました。2セット目は緊張もとれ,練習通りのプレーができました。しかし,15対25で敗戦しました。
 男子バレーボール部の新人大会はこれで終わりですが,今後も目標を持ち,練習を積み重ねて目標を達成できるように頑張って下さい。頑張れ凌風学園男子バレーボール部!

京都市中学校秋季総合体育大会 女子バレーボール部 決勝トーナメント3回戦

画像1
画像2
画像3
 11月1日(日)に女子バレーボール部の秋季新人大会の決勝トーナメント3回戦が花山中学校で行われました。3回戦の対戦校は向島秀蓮小中学校でした。
 1セット目序盤リードされましたが,少しずつ点差をつめました。途中タイムアウトを取り,戦い方を確認し相手の強いスパイクにもうまく止めることができたり,ナイスプレーもありましたが,16対25で1セット目を取られました。
 2セット目も序盤相手にリードされ,タイムアウトを取ります。それからは自分たちの展開に持ち込むこともでき,たくさんのナイスプレーがありました。しかし,力及ばず15対25で2セット目も取られてしましました。
 女子バレーボール部の新人大会はこれで終わりましたが,今後この大会での経験を糧にさらに成長してもらえればと思います。頑張れ凌風学園女子バレーボール部!

京都市中学校秋季総合体育大会 女子バレーボール部 決勝トーナメント2回戦

画像1
画像2
画像3
 本日10月31日(土)に,女子バレーボール部の秋季新人大会の決勝トーナメント1回戦に引き続き,2回戦が本校体育館で行われました。2回戦の対戦校は藤森中学校でした。
 1セット目は相手のサーブにレシーブで崩され,序盤リードを許す展開でした。中盤に追いつき接戦となり,相手にリードを許す展開となりました。その後タイムアウトを取ってからは追いつき,逆転しそのままリードしたままで,25対20で勝利しました。
 2セット目は序盤リードしましたが,中盤で接戦となりました。しんどい場面でも声をかけ合い粘り強く戦いました。終盤は連続して得点する場面が増え,25対18で勝利しました。この試合の結果,ベスト16入りを果たしました。明日11月1日(日)に花山中学校でベスト8入りをかけて戦います。
 目標達成に向けて,頑張れ凌風学園女子バレーボール部!

京都市中学校秋季総合体育大会 女子バレーボール部 決勝トーナメント1回戦

画像1
画像2
画像3
 10月31日(土)に女子バレーボール部の秋季新人大会の決勝トーナメント1回戦が本校体育館で行われました。予選リーグを勝ち上がった学校で行われ,1回戦の対戦校は二条中学校でした。
 1セット目の序盤は,リードしていましたが,中盤に追いつかれ,追いかける展開となりました。しかし,終盤に追いつき,25対22で逆転勝利しました。セット間は明るい雰囲気で,少し緊張をほぐし,2セット目に入りました。2セット目も序盤リードし,そのまま集中力を切らすことなく戦いました。1点取られたら続けて取られないように気をつけ,サービスエースや相手のブッロクにうまくタイミングを合わせた場面も数多くあり,終始良い展開で試合を進めることができました。その結果,25対14で勝利しました。次の試合も本日行われます。対戦校は藤森中学校と高野中学校の勝者です。
 頑張れ凌風学園女子バレーボール部!

京都市中学校秋季総合体育大会 女子バレーボール部 予選リーグ2回戦

画像1
画像2
画像3
 予選リーグ2回戦の対戦校は八条中学校でした。1セット目,序盤からミスのないサーブで得点を重ねた場面から相手に流れを持って行かれることなく主導権を握って試合を進めました。相手のスパイクにタイミングを合わせて,ブロックポイントが決まる場面もありました。その結果,25対7で勝利しました。
 2セット目は出だし相手に先行されましたが,中盤で追いつき,そこからは点の取り合いになりました。しかし,終盤には有利な展開になり25対18で勝利しました。
 この試合の結果,予選リーグを1位で通過し,10月31日(土)に行われる決勝トーナメント進出が決まりました。決勝トーナメントの日まであまり期間がありませんが,予選リーグでの成果と課題を明確にして,決勝トーナメントでも頑張ってください。
 頑張れ凌風学園女子バレーボール部!

京都市中学校秋季総合体育大会 女子バレーボール部 予選リーグ1回戦

画像1
画像2
画像3
 10月25日(日)に女子バレーボール部の秋季新人大会の予選リーグが凌風学園で行われました。予選リーグ1回戦の対戦校は朱雀中学校でした。
 1セット目は,序盤から相手にリードを許すことなく,試合を進めました。ミスがあっても声をかけ合い,ミスを引きずらずに試合を進めました。結果25対10で勝利しました。
 2セット目は,中盤で追いつかれ,追い越されてしまう場面がありましたが,ミスを減らし,終盤は安定した戦いをして最後は25対17で勝利しました。次の対戦相手は,八条中学校と久世中学校の勝者ということになりました。本日引き続き行われます。
 頑張れ凌風学園女子バレーボール部!

京都市中学校秋季総合体育大会 男子バレーボール部 予選リーグ2

画像1
画像2
画像3
 1試合目に引き続き,2試合目の対戦校の旭丘中学校と対戦しました。相手チームも凌風学園に勝たないと決勝トーナメントに進出できない可能性が高く,お互いに大切な試合となりました。
 凌風学園チームはユニフォームを着替え,1試合目の課題を明確にして,コートに入りました。その結果終始有利な展開で冷静に試合を進めることができました。1セット目は25対13,2セット目も25対13で勝利しました。この結果この時点で,ベスト16入りし,決勝トーナメント進出が決まりました。
 決勝トーナメントまで残り期間は短いですが,この予選リーグで得た成果と課題を明確にして,練習をがんばってもらえればと思います。頑張れ凌風学園男子バレーボール部!

京都市中学校秋季総合体育大会 男子バレーボール部 予選リーグ1

画像1
画像2
画像3
10月18日(日)に男子バレーボール部の秋季新人大会の予選が蜂ヶ岡中学校で行われました。1試合目の対戦校は蜂ヶ岡中学校で,2試合目の対戦校は旭丘中学校でした。
 1試合目の蜂ヶ岡中学校は優勝候補の学校で,相手の正確なサーブと高い打点からのスパイクに得点を重ねられました。1セット目は7対25で終え,2セット目が始まるまでに1セット目に課題となったことと2セット目の目標を確認しました。2セット目は相手のサーブをうまくレシーブしてスパイクにまでつなげられる場面も何度もありましたが,12対25で敗戦しました。敗戦はしましたが,2セット目に達成したかったことは達成でき,2試合目にうまくつなげることがチームとしてできました。

風を凌いで 9月23日

画像1画像2
「振り返りは、未来の自分へのアドバイス」

 先週,第2,第3ステージでは, 2学期の中間テストを行いました。皆さん,テストの手ごたえはいかがでしたか。勉強したことが結果につながりそうですか。とはいえ, ひとまずテストも終わり, 四連休をのんびりと過ごした人も多かったのではないでしょうか。
 さて,今週は各教科の授業で答案返却が始まります。返却時に, 先生方はテスト問題の解説をされます。また, 必ず「自分の答案を見直しなさい。」と言われることでしょう。実は, テストは受け, 点数という結果を見て終わりではないのです。むしろ, 返却され,点数という結果を見たときが始まりなのです。答案返却後, その結果をどのように受け止め,どう生かしていくか, それがテストを行う一番の目的と言っても過言ではありません。なぜ自分の答案を見直すことが必要なのか,今一度確かめておきましょう。

 皆さん, スコアーブックをご存知ですか。スコアーブックとは, 野球やバスケットボール,バレーボールなど,いろいろなスポーツのゲーム(試合)で, だれが, どこで, どのように得点したか(得点されたか)を記録するノートのことです。そのノートを使い, ゲームを振り返り, 検証することは, その後のチーム作りや練習方法に大いに役立ちます。
 具体的に言うと, ゲーム中にどんな形で点を取ることができ,どんな形で点を失ったのか, チームや自分自身を振り返ることができます。また, そこからチームの得点パターンや長所を確認し,弱点を明らかにすることもできます。さらに,次のゲームの目標や具体的な対策を立て, それらを練習に取り入れ,チームや個人のレベルアップに活かすこともできます。単に試合結果がわかる得点だけを並べたスコアーボードを眺めても意味はありません。しかし, スコアーブックは, チームや自分の今の力を, 客観的に分析できる大切な資料なのです。つまり問題用紙と自分の答案用紙はテストにおけるみなさん自身のスコアーブックなのです。自分はどういうところで点数を取っているのか,また,どんなふうに点数を落としているのか, ミスはないかなど,自分の現在の学習における力を確認することができるのです。

 先週は第1ステージもチャレンジ大会(漢字力や計算力をつけるためのテスト)に取り組んでいました。例えば国語で考えてみましょう。国語のテスト内容が, 漢字の読み書きの問題20問とします。テストが返却されました。 答案の見直しを次のように行います。
1得点や正解,不正解を確認する。
2不正解だった問題は, 誤った読み書きだったのか,全く読み書きできず空 欄だったの かを分析する。
3不正解だった問題について自分のテスト前の勉強の仕方を振り返る。
 レベル1 出題範囲のプリントを眺めていた。
 レベル2 出題範囲のプリントの漢字を何回か書いて練習した。
 レベル3 出題範囲の漢字の読み書きをテスト形式で読み書きできるか自分で確かめた。
 レベル4 レベル3で読み書きできなかった,出題範囲の漢字を再度練習した。
 レベル5 レベル4を繰り返し,出題範囲の漢字を全て読み書きできるようにした。

 このように, テストに向けての自分の勉強方法が, どのレベルに当たるかを客観的に振り返り,勉強の仕方を修正するのです。そして次のテストに向けて, 修正した勉強方法で実行していくのです。この繰り返しが, 必ずプラスの結果に繋がるのです。
 私は「国語」の先生でした。その経験から, より具体的に, かつ効率的に漢字テストの勉強に取り組む方法を紹介します。ぜひ実践してほしいと思います。
1現在の自分の学習時間を確かめる。
2テスト範囲の漢字の量,次回のテストまでの期間を知る。
3いつまでにどれだけできるようにするか, 時間と量の目標を立てる。
4どれくらいの時間でどのように取り組むか, 具体的な学習方法と計画を立てる。
*漢字においては, 決まった時間と決めた量に毎日取り組むというノルマを課すことが有効です。英単語や計算などにも効果的です。
5達成度を確かめながら取り組みを続ける, 確認と継続作業を実行する。

 漢字の勉強方法ひとつとってみても,1から5のことを意識し取り組めば, 必ず成果は出ます。これこそまさしく自分の課題解決に向けて「主体的に取り組む力」ではないでしょうか。そしてそれはみなさん自身が求める結果に必ずつながることになります。

 自分自身の課題の発見と解決に向けて, 今ある情報を活用し,主体的に取り組むことを意識すること。これを「答案の見直し」においてぜひ実践してください。そのように臨むことで,これからのテスト前学習の効率があがるはずです。テストは受ける前の準備が大切です。つまり,テスト後の振り返りをしっかり行うことは,次のテストへのスタート, 始まりなのです。
 「振り返りは、未来の自分へのアドバイス」と考えて取り組んでみましょう。

京都市中学校選手権大会 代替大会 バレーボール競技の部(女子)2回戦

画像1
画像2
画像3
 8月30日(日)に女子バレーボール部の選手権大会代替大会の予選グループ戦が1回戦に引き続き,2回戦が伏見中学校で行われました。2回戦は洛南中学校と対戦しました。1セット取られた後,2セット目はデユ―スとなる接戦でしたが,残念ながら敗れました。暑い中でしたが,応援も含めてみんなよくがんばりました。
 9年生にとっては最後の大会となりましたが,今回の試合をはじめ,これまでの部活動での貴重な経験やたくさんの学びをこれからの学園生活に活かしてください。本当にお疲れ様でした。
 
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
京都市立凌風小中学校
〒601-8047
京都市南区東九条下殿田町56
TEL:075-693-8222
FAX:075-691-9029
E-mail: ryofu-sc@edu.city.kyoto.jp