京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/01/23
本日:count up33
昨日:102
総数:346833
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
来年度の入学者対象の半日入学・入学説明会を2月13日(木)に行います。

本日の懇談会にお越しください

画像1
 学年や学級からの便りで,また学校便りや行事予定でお知らせいたしておりますが,私からもお知らせをいたします。今日は「人権」に関わる授業参観と懇談会を行います。「人権」と難しく聞こえるかもしれませんが,まず,お子様が学校でお友達と楽しく,学習し一日を過ごしているかが,「正しい人権意識」を育む最大の環境だと学校では考えています。そして,学級,学校の話から,だんだんと認識の範囲を広げて,最後には子どもたちが世界の問題にまで考えられるようにしていきます。
 学級の様子,授業のねらい,子どもたちが自分の人権,他人の人権を守れるようにわれわれがしなくてはならないことについて話し合います。
 お忙しいとは思いますがぜひご参加ください。
 スイセンは「人権の花」です。厳寒の中,花開くその姿は,困難を乗り越えてすべての人に「人権の保障」ができるように,と訴えているようです。まず,身近な問題から見つめなおしましょう。
 

 
 

氷が張ってる! さて?

画像1
「水たまり くぼみて白く 凍(こお)れるを 
      踏(ふ)みも砕(くだ)かず 幼(おさな)ならねば」                     片山 貞美
 今朝はことのほか冷え込みました。校庭のブルーシートの水が凍っているのを子どもたちが見つけました。「シートを持ち上げたら氷がとれるよ」と教えると,冷たいのに氷をたくさん集めて大はしゃぎです。
 氷が張っているのを見つけると,私はいつもこの歌を思い出します。
 今は,氷を見つけ遊びに興じる子どもたちですが,いつの日か上の歌のように,「もう幼子ではないのだ」と凍っている水たまりにも知らんふりをしようとする時がやってきます。自分に「もう大人だ」と言い聞かせながら。おそらく,5年生,6年生にはこのような気持ちになっている児童もいることでしょう。
 体が大きくなるのは目に見えます。目に見えない子どもの心の成長も見逃さずにいたいものです。
 この歌を色紙に書いて校長室前に掲げました。これから毎月,今月の歌として季節に応じた歌を子どもたちに紹介していきたいと思います。

清掃道具の清掃

 久しぶりの雨降りです。金曜日から降り始めた雨がぐずぐずと今日まで続いています。金曜日の清掃時間には外掃除ができないほどの雨脚でした。
 そこで外掃除用の掃除道具,掃除ロッカーを,子どもたちと整理し,清掃しました。
 痛んでいる道具を修理したり,捨てたり,ロッカーの中を掃除したりと,普段できない「清掃」ができました。
 来週からお天気になれば,外掃除が今までより能率的に進みそうです。
 

画像1

校庭で自然観察

画像1画像2
 1月,2月の厳冬期を迎えました。今朝は比較的暖かですが,またすぐに「冬型の気圧配置」「西高東低」「季節風の吹き出し」など,耳にするだけでふるえそうな言葉が天気予報から飛び出すことでしょう。
 しかし,この寒い中でも校庭を歩いていますと春を感じさせる光景に出会います。
 先日まで黒い実をいっぱいつけていた校庭のクスノキも,実をすっかり落として今は春に伸ばす新芽をつけています。(写真左)
 花壇では,もっと春らしい光景が見られます。9月に村瀬先生が種を撒いてくださったパンジーに花芽がつき始めたのです。花咲くのももう間近です。
 冬のこのころは,藪のウグイスも「チャッ チャッ」と舌打ちをするような声(地鳴き)で鳴いていますが,もうひと月もするとおなじみの歌声で,「ホー ホケキョ」(さえずり)と鳴き始めます。
 寒い冬ですが,目だけでなく耳や肌でも近づいてくる春を感じていきたいものです。
 

厳寒でも心が温かく

画像1画像2
 今朝は冷え込みました。西門近くの給食室前では,コンクリート上の水がすっかり凍っていました。子どもたちはこれを見つけると,靴で踏んだり木の枝でつついたりと興味津津です。冬ならではの光景に私も思わず微笑みました。
 さて,その光景を後にして,西門で今日も登校する子どもたち,中学生,高校生,出勤途中の地域の方々に挨拶をしていますと,後ろから4年生の男の子が挨拶をしてくれます。「ありがとう,うれしいなぁ」と話しかけてみると,「年末に行ったあいさつ運動を今日は自主的に行う」のだ,とのことです。「あいさつ」が本校の児童に浸透しつつあるのだと,感じました。
 その「自主的あいさつ運動」,一人だったのが数名に増え,何人もの子どもたちが登校してくる子どもや地域の方に挨拶をしてくれます。
 よく聞いていると,パトロール中の警察の方には「ご苦労様です」,子どもたちには「今週の学校は今日が最後です,元気にあいさつしましょう」と,挨拶以上の声掛けをしているのです。
 時,場合,相手によって話す内容を考えていることに感心しました。きっと保護者の皆様をはじめとする大人の姿をよく見ているのだな,と思いました。
 体は寒いけど,心が温かくなった今朝の出来事でした。 

伝統行事 書き初め

画像1
 午前中の出張から帰ってきますと,体育館では6年生が書き初めの学習中でした。寒い中,床に腰を下ろし,かじかむ手で一生懸命書いています。みんなの力作ぶりは写真の通りです。「どうだった,いいのが書けましたか?」と尋ねるとほとんどの子どもが「うまく書けた」「満足できる仕上げになった」と答えてくれました。集中した学習ができたことがよくわかる素晴らしい出来栄えでした。

校庭で自然観察(9)

画像1
 新年も1週間が過ぎました。子どもたちが学校に帰ってくるのは10日です。今年は暦の関係で冬季休業が少し長いので特に待ち遠しく思います。
 いつも登校時にあいさつに立つ学校の正門で珍しいものを見つけました。
 写真では小さくて分かりにくいと思いますが,ヒイラギ(柊)の花です。この花は学校の南隣の安養寺さんの北東隅の庭にある木のものです。ヒイラギは,秋によい香りを放つモクセイの仲間です。毎年晩秋に芳香を漂わせる白い小さな花を咲かせるのですが,今は1月。今頃まだ花が咲いているのは,あまりにも遅いな,と首をかしげています。しかし,花が少なくなる今頃に見られるのはうれしいものです。
 子どもがまだ登校しない寂しい学校で,子どもたちにお話ができる材料を探しながら授業開始の10日を待っています。

新年 明けまして おめでとうございます

画像1
 新年,明けましておめでとうございます。
 写真は,絶滅危惧種の「フクジュソウ」です。
 福寿草と書くので,「福」が来る,「寿」(いのちながし)と縁起の良い言葉が続くことから,お正月用の鉢植えに使われます。早春に花開きますがパラボラアンテナのような形の花は,太陽の熱を集め,その温かさで虫を呼び,受粉を行います。
 フクジュソウのように子どもを温かく包み,安心して学習できる環境を整え,指導を結実させることができるように教職員一同がんばります。
 本年もよろしくお願いいたします。 
 
 
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
学校行事
3/26 町別・町班長集合
3/29 管理職離着任式 一般教職員離任式

学校だより

学校評価

お知らせ

学校運営協議会

京都市立七条小学校
〒600-8875
京都市下京区西七条石井町61
TEL:075-313-0077
FAX:075-313-0094
E-mail: shitijo-s@edu.city.kyoto.jp