京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2019/12/16
本日:count up67
昨日:54
総数:269082
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
校庭には枯れ葉や枯れ草が目立つ季節です。しかし,よく見るともう緑の芽が出ています。

道徳 『みんなで劇を作ろう』 (集団の一員として)

画像1
「集団の一員として,よりよい生活をめざすには,どんな心構えが必要でしょう?」

子どもたちは物語を読んで頭と心で考えました。


<物語のあらすじ>
クラスでやる劇で音響係になった剛。あまりやる気がないので,みんなに迷惑をかけてしまいます。失敗を繰り返しても「たいしたことじゃない。」「自分一人くらいがんばらなくても。」とやる気を失います。

そんな時,劇団の人に学校に来てもらい,ある言葉で剛は考えます。
「劇を成功させるためには,全員の心が一つになるかということ。大切なのはチームワークです。まず,自分が100%の力をだし,全員の力が合わさって成功です。」

剛は今までの自分の考えや行いを取り返すため,家に帰って何度も何度も練習し,クラスの練習で成功させました。みんなでガッツポーズをして喜ぶ姿をみて,剛は本番の日が待ち遠しくなりました。


授業の最後に書いたふり返りを一部紹介します。

Q「集団の一員としてよりよい生活を送るには,どんなことが大切でしょう。」

○自分のことだけを考えて行動せず,思いやりの心をもって行動することが大切だと感じました。一人も欠けることなく,みんなを大切にしていきたいです。

○みんなのことを思って,みんなを大切にしていく。

○もうすぐ運動会。一緒に団体演技できることを力いっぱいがんばりたいです。

○自分の100%を出し切れる人になりたいです。

○いろいろな集団の一員としてそれを自覚することから始め,活動する時は「やるぞ〜」という気持ちをもって全力で取り組みたいです。

○集団で「楽しむ」ということが大切だと思います。おもしろいことを言って和ませたり,男女分け隔てなく関わったり,お互いにしいようしたり,自分の思いを伝え合ったり。こういう積み重ねで,みんなの力が重なって心が出来上がっていくのかなと思いました。

個人のふり返りの一部を抜粋しました。
またご家庭でも,子どもたちがどんなことを思っているのか,話してみてください。

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

学校だより

学校評価

学校経営方針

ヨムヨムだより

研究発表会案内

いじめ防止基本方針

非常災害時の対応について

よんきゅう絆プロジェクト

本校の研究(外国語活動)

京都市立朱雀第二小学校
〒604-8491
京都市中京区西ノ京左馬寮町3-1
TEL:075-841-3202
FAX:075-841-3216
E-mail: suzakudai2-s@edu.city.kyoto.jp