京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/12/17
本日:count up45
昨日:86
総数:355409
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
室町小学校のホームページです。今年度のマラソン大会は2月6日(火)に行います。ご予定ください。

フランス語の小学校では…

画像1画像2
4年生の保護者でフランス人の方に、4年生合同で、「フランスの小学校では…」とういうタイトルをもとに映像をまじえたお話で、フランスと日本の小学校の違いを学びました。勉強ひとつにしてもたくさんの質問がとび交っていました。
 例えば算数のわり算の仕方の違いや、社会の授業で日本は都道府県を覚えるのですが、フランスは国の名前を覚えていく。そしてそれに平行して、歴史も学ぶというところに子どもたちはびっくりしていました。お昼休みが1時間くらいあるという話題になると、みんな声を揃えて「えぇ〜いいなぁ〜」と盛り上がっていました。最後はありがとうとさよならをフランス語で言って終わりました。授業が終わった後もみんなは習いたてのフランス語で盛り上がっていました。

見事な出来栄え

画像1
画像2
画像3
 自分で彫れたら,高田さんに見てもらいます。彫りの浅い子どもには,少し手を入れて見本を示してくださいました。「こんな感じで,彫っていってごらん。」と声をかけてもらって,細かいところまで丁寧に仕上げていきました。
 出来上がって,印泥をつけます。そうっとはがしてみると,見事な出来栄えでした。みんなそれぞれの個性が生きた作品になりました。
 ご指導していただいた高田さん,ありがとうございました。

篆刻教室

画像1
画像2
画像3
 今年度最後の土曜学習は,恒例の「篆刻教室」です。室町校区の高田印房の高田光郎さんに教えていただき,高学年の子どもたちが取り組みました。
 印を彫るのには,白文と朱文があって,子どもたちは字の部分を彫る白文の方で作ります。自分の名前の漢字を昔の文字の中から選んで,トレーシングペーパーに写しました。
 いよいよ彫り始めます。切り出し刀か平刀が適しています。みんな集中しています。
(氏名掲載については,本人の了解を得ています。)
  

ケータイ教室

画像1
 6年生は、5時間目にKDDIの方から、携帯電話のことについてのお話を聞きました。
 便利で使いやすいツールである携帯電話は子どもたちにとっても身近なものになっていると思います。様々な良い点を持つその一方で、マナーを守った使い方をしないと色々な人に迷惑をかけてしまうことや、携帯電話はお金も時間も使ってしまうということ、そして使い方を間違えてしまうと、犯罪にまきこまれてしまったり、自分が加害者になってしまうことも場合によってはあるということを知ることが出来ました。
 使い方をきちんと知り、正しく使うことが出来るよう、お家でも携帯電話のことについて話し合ってみてはいかがでしょうか。

室町自主防災訓練 PART3

画像1
こうして4つのコーナーを20分単位で回りました。
最後に室町消防分団による放水訓練です。
分団員の真剣できびきびした動きに緊張感が走ります。
ホースを伸ばし,ポンプで貯水槽の水をくみ上げます。
「放水 開始!!」
校舎の3階の屋根に届く,水の勢いです。
こうして自主防災訓練が終わりました。

参加した人には,緊急用の水と乾パン,
それと上京区の防災マップ地震編と水災害編をいただきました。

室町自主防災会の皆様,地域の皆様
お疲れ様でした。

室町自主防災訓練 PART2

画像1
画像2
画像3
このコーナーは,上からいろいろなものが落ちてきて抜け出せない時,
ジャッキアップをする練習です。
体育館の中では,救命救急の練習です。
人が倒れていたら,まず意識を確認する。
意識がないと確認したら,
救急車要請,AEDを取りに行ってもらうことを要請して,
心臓マッサージを行います。
心臓マッサージ30回,人工呼吸2回の割合で繰り返します。
さらに,AEDが到着したら,AEDを装着します。
その時も心臓マッサージをしながら,装着します。
ほとんどのAEDは音声が案内してくれるので,
案内にしたがって操作していきます。

室町自主防災訓練 PART1

画像1
画像2
画像3
2月26日(日)午前9時45分より,自主防災訓練が行われました。
現在,ニュージーランド地震で行方不明になっている方の懸命の捜査が続いています。
この訓練は,実際に地震が起こったとき,自分自身や町内でどんなことができるのか
考え体験するものです。
来年度小学校の学習指導要領が変わりますが,「自然災害」の単元は
5年生の社会科で大きく取り上げられるところでもあります。
さて,この日上京区長さんをはじめ各町内ごとにたくさんの方が
室町小学校のグラウンドに集まりました。
室町小学校の児童も何人か保護者の方といっしょに
参加しています。
さっそく,4つのグループに分かれてそれぞれのコーナーを回っていきます。
これは地震体験です。
起震車が震度4の地震と阪神・淡路大震災の震度6を体験させてくれます。
下の写真は,初期消火の訓練です。
「火事だ!!」と大きな声で叫び,
防火バケツめがけて,放水します。

食をみつめる〜大根をいろいろな料理に〜

画像1画像2
 5年生は、3時間目と4時間目を使い、大根の調理を行いました。
 室町こどもクッキングでもお世話になっている田中さんから、
「大根葉のふりかけ」、「ふろふき大根」、「みそ汁」、「皮のきんぴら」、「大根の梅肉和え」を作る手順と、刃物や熱湯を使うので安全に気をつけた調理を行おうという説明を受け、各班に分かれて調理を始めました。
 大根の葉をゆでたり、大根を切ったりとそれぞれの作業を協力して行うことができました。
写真のように、盛りつけにも工夫した班もありました。
ポン酢も、今回田中さんから教えていただいた方法で子どもたちが調合したものです。
 自分たちでつくった大根料理は、給食と一緒に美味しくいただきました。
お世話になった田中さん、本当にありがとうございました。 


大根を使った献立

画像1
画像2
画像3
 今度は,ダイコンおろしにして比べてみます。おろしダイコンをおさじ1杯ずつもらって比べてみました。「あまいなあ。」とおいしそうな表情をするグループと,「舌がしびれるー」と顔をしかめるグループに分かれました。子どもたちは,自分の舌でダイコンの味の違いに気づくことができたのです。
 続いて,ダイコンを使った献立を相談しました。葉っぱや皮も残さず使えるように工夫します。
 

食をみつめて

画像1
画像2
画像3
 5年生は,総合的な学習「食をみつめて」の学習で,学級園で育てたダイコンを使って学習しました。いつも「室町子どもクッキング」でお世話になっている,社会福祉協議会の田中和子さんにご協力いただきました。
 「ダイコンは,上か下かどちらが甘いと思う?」の問いかけに,上だと思う子どもと下だと思う子どもが,半数ずつほどになりました。
 そこで,実際に味わってみることにしました。薄くスライスしたダイコンを比べてみます。「上の方が甘く感じるなあ。」の感想が聞かれました。
(氏名の掲載については,本人の了解を得ています。)

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
学校行事
3/3 卒業式練習開始,ALT,身体計測(4年)
3/4 合同お別れ会(大空),身体計測(3年)
3/7 朝会,委員会(最終),身体計測(6年・大空),清掃週間〜11日
3/8 卒業遠足(6年)滋賀方面
3/9 代表委員会,小中連絡会(烏丸中学より参観),フッ化物洗口, 身体計測(2年)
PTA
3/8 PTA常任委員会

学校だより

学校評価

本校の研究

スクールカウンセラーだより

ほけんだより「ファイト」

学校いじめ防止基本方針

むろまち子どもクッキング新聞

京都市立室町小学校
〒602-0029
京都市上京区室町通上立売上ル室町頭町261
TEL:075-431-0358
FAX:075-431-0359
E-mail: muromachi-s@edu.city.kyoto.jp