京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2020/01/24
本日:count up14
昨日:51
総数:183338
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
1月28日(火)6年だし出前授業3・4校時 ランチルームにて  5年音楽鑑賞教室

読書のすすめ (2)

画像1
 昨年度に引き続き,今年度の重点に掲げているのが「読書活動の充実」です。昨年度は,一昨年度に比べて1.7倍の図書の貸出数(図書館)を記録しましたが,今年度は,さらにその上をいく貸出数を記録しています。
 図書の貸出数の向上がすぐに学力に結びつくとは限りませんが,この傾向を続けていくことで,2〜3年後には様々な学習活動の基盤となる,児童の資質・能力の向上に結び付いていくと思います。
 ご家庭におかれましても,自然や社会とつながる読書を,人の生き方につながる読書を親子で進めていただけるとありがたいです。

環境月間によせて(ホタル)

画像1
 先日,地域の方が学校に来られて一枚の写真を寄贈いただきました。
 これは,本学区に「宇多川」という本当に小さな川があるのですが,そこで撮影されたものです。そして,黄色く見える光の筋は,「ホタル」です。大将軍学区にホタルが生息しているとは全く気づきませんでした。ホタルが生息するには,いろんな条件が必要です。幼虫の餌となるカワニナも必要です。最近の護岸整備でホタルは減ってきたのですが,一方でそのホタルを呼び戻そうという運動も広がってきています。
 宇多川は小さな川ですが,中に入ったりすることはできません。また,せっかく棲みついたホタルを捕獲すれば数が減ってきます。まずは,そっと見守って鑑賞していきたいと思います。
 

家庭学習のすすめ (2)

画像1
画像2
◆今年度の学校教育の重点に掲げているのが,家庭学習の充実です。本日,休日参観において家庭学習についての説明会を実施いたしました。その時の資料を掲載していますのでご覧ください。(下の緑色の文字をクリックしてください。)
学校説明会<家庭学習について>

◆今回の説明会を実施するに当たり,児童に家庭学習についてのアンケートを実施し集計いたしました。学習時間の確保については1〜4年生についてはおおむね確保できています。しかし,5・6年生において30分以下の児童が40パーセントいました。

◆家庭学習を生活の中に位置付けることについては,ほとんどの児童が帰宅後すぐにまたは夕食までに行っています。これは,それぞれの家庭での働きかけ・ご協力の成果と考えます。
 また,「ていねいに書く」という習慣。これは将来にわたって役立つ大切な財産となります。本校では,この「ていねいに書く」ということを低学年の内に身に付けたいと考えています。

◆それぞれの学年で共通の課題が宿題として出されるわけですが,将来にわたって学び続ける習慣を身に付けるためには,与えられた課題以外に,自分から課題を見つけて主体的に学ぶ姿勢が必要になってきます。「学び」とは,本来は主体的で内発的なものです。やらされているという意識ではなく,自ら進んでという姿勢が大切になります。そして,この力を育てるために,自由課題学習への取り組み方が大切になってきます。
 自由課題学習は,自分の興味あるテーマや内容を自分で選び,図書などの資料を活用して探究的に学びを追究していきます。ヒントやサンプルを用意しましたので,参考にしてください。

◆家庭学習と並んで重点をかけているのが「はば広い読書活動」です。物語や絵本だけでなく,自然や社会とつながる読書を推進し,その中から興味や関心のあるテーマを設定して,調べ学習へと発展させたいと考えています。特に0〜8分類の図書を推奨しています。

◆家庭における学習習慣の確立に向けて,各家庭での働きかけや支援は欠かせません。子ども達の学力の向上と夢の実現に向けて,今後ともご協力よろしくお願いいたします。

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
月間行事予定
10/23 科学センター学習6年
10/24 小中一貫授業研究会(北野中)
10/25 支部大文字駅伝予選
10/26 フレンドリーサタデー
10/29 大文字予選予備日

学校だより

学校評価

学校いじめ防止基本方針

学校沿革史

学校経営方針

京都市小学校運動部活動等ガイドライン

小中一貫教育

学校運営協議会

京都市立大将軍小学校
〒603-8337
京都市北区大将軍南一条町48-2
TEL:075-461-4310
FAX:075-461-4342
E-mail: daishogun-s@edu.city.kyoto.jp