京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/11/21
本日:count up3
昨日:38
総数:109420
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
12月2日(土),学芸会を開催します。保護者,地域の皆様の多数のご参観をお待ちしております。

京都市食生活調査の結果から

先日,京都市小学校学校給食研究会の方から,京都市食生活調査の結果が届きました。
本調査は,平成25年11月に,本市児童の食生活の状況や保護者の食生活に関わる意識について調べるために,学校24校の協力のもと4年生児童と保護者を対象に実施されたものです。
 
その中に,栄養素ごとの摂取量についての結果があったので,一部抜粋してご紹介します。
1.鉄分は不足の傾向が考えられます。
2.ビタミンB1は不足の傾向にある。学校給食がなければ,さらに不足の傾向になることが予想されます。ビタミンB1を多く含む食品として豚肉,大豆があげられます。
3.ビタミンB2は学校給食がなければ,不足の傾向になることが予想されます。ビタミンB2を多く含む食品としてレバーや海苔があげられます。
4.食物繊維は,不足の傾向にあり,野菜やきのこ類の摂取が不足していると考えられ,積極的な摂取が必要です。平成25年度の学校給食の食物繊維の目標は6gで給食での供給量は5gでした。学校給食を除けば,家庭で摂っている食物繊維の量はとても少ないと言えます。
5.食塩相当量は,摂り過ぎの傾向にあります。子どもをとりまく食環境からも減塩にむけて取組むことも大切です。また,塩を摂り過ぎないためにも,旨味であるだしの良さをさらに伝えていくことも必要です。学校給食が,だしからこだわっている所以です。

次に,食品ごとの摂取量についても結果が示されていました。これについても,目立ったものだけを抜粋してご紹介しましょう。
1「コップ一杯くらいの牛乳・ヨーグルト」という項目では,「給食以外で牛乳・乳製品を摂取する頻度は,低い傾向が考えられる」とあります。家庭での乳製品の摂取が不足しているようです。
2「レバー」については,「ほとんどの家庭で食べられていない傾向がある」とあります。確かに肉類は多く利用されていますが,家庭でレバーを使った料理は少ないようです。
3「いか・たこ・えび・貝」という項目では,「食卓にはあまり上がっていないことが考えられる」とあり,肉や他の魚に比べて子どもには食べにくい食材と考えられているのでしょうか。
4「骨ごと食べる魚」については,「食卓に上がる頻度が低いと考えられる」とあります。学校でも,ワカサギやシシャモのから揚げなども出ますし,一昔前までは,子どものおやつに「にぼし」や「昆布」といったこともあったようです。しかし,今はやはりチョコレートやアメ,ゼリーやアイスクリームといった甘いものが主流なのでしょう。
5「とうふ・あぶらあげ・あつあげ」「なっとう」といった大豆製品については,「とうふ・あぶらあげ・あつあげを利用されている傾向が見られる。納豆は食卓に上がる頻度が低い。」とあります。「畑の肉」などとも称せられる大豆製品ですが,決して消費量が多いわけではないようです。
6「いも(すべての種類)」という項目では,「いも類は,1日1回は食べてほしい食材ではあるが,使用する頻度が低いという傾向が見られる」と意外な結果となっています。ジャガイモ,サツマイモなどは比較的一般的な食材ですが,もっと摂ってもいいのでしょう。
7「わかめ」の項では,「一番使いやすい海藻ではあるが,食卓にあまり上がっていない家庭が多い傾向が見られる」とあります。別の項で,一日一杯は味噌汁を飲んでいるという結果が出ています。味噌汁の具として,わかめの利用がもっとあってもいいのかもしれません。
8総務省の調査によると,都道府県別のパン消費量で,京都府が日本一だそうです。したがって,「パン(おかずパン・菓子パンも含む)」の項では,「パンの購入金額が多い京都市を表す傾向となった。」とあります。京都では,朝食にパンというケースが多いのかもしれません。
9「くだもの」の項では,「週に2〜3回食べていると答えた家庭が多いが,あまり食べていない家庭も多い。」とあります。お菓子等で甘いものを食べるのなら,くだものを考えてみてもいいのではないでしょうか。

さて,ここまで調査の結果をご紹介してきましたが,みなさんはどのようにお感じになったでしょうか。味付けについては,「家庭での味付けは給食と比べて」という項で,「家庭での味つけは給食と比べて濃いと答えた子どもが多い傾向が見られた」とあります。味付けされたものに,実際に食べる際に,さらに「しょうゆやソースをかける家庭も多くある」という調査結果も出ています。

「医食同源」(病気を治すのも食事をするのも,生命を養い健康を保つためで,その本質は同じだということ 「広辞苑」より)という言葉がありますが,私たちの体は,私たちが食べたものでできているので,自分自身の食事を見直す一つの材料にしていただければと思います。特に成長期にある子どもたちの食事については,今一度考えてみてください。

☆4年生 エコライフチャレンジ☆

 今日の1・2時間目に,4年生はエコチャレンジ教室で環境に優しい生活について学びました。
 溶けだした北極の氷の上から落ちそうなシロクマの写真や,氷河が溶け出したヒマラヤの写真などを見ながら,地球に起きている地球温暖化の危機について知りました。
 その上で,「予想されている未来は,変えることができる」をキーワードにして,わたしたちが,暮らしの中でとるべき行動について考えました。
 4年生の子どもたちは,この授業を受けて,夏休みに『エコライフチャレンジ』に取り組みます。
画像1
画像2
画像3

☆自由参観日☆その5

 自由参観日,5年生の教室をのぞくと,算数の学習をしていました。
 ぴったりと重なり合う図形を「合同な図形」ということを,実際の図形を重ね合わせながら言葉にして確かめていました。
 どの学習もそうですが,学んだ事柄を「言葉にする」ということが大切なのです。
画像1
画像2
画像3

☆自由参観日☆その4

 自由参観日。6年生の教室をのぞくと,ゲストティーチャーを招き,情報モラル教室で,「インターネットへの投稿の危険性」について学習していました。
 人間は,様々な場面に出くわすたびに,心が揺れ動くものですが,そこからつながる行動については熟慮しなくてはなりません。
 インターネットは,目の前の画面から世界中につながっています。便利だけど,怖いものという意識をもつことも大切です。
 子どもたちは,教材となる一つの事例から,どのような行動をとるべきかを真剣に話し合っていました。
画像1
画像2
画像3

☆自由参観日☆その3

 自由参観日。3・4年生は,自転車教室で学習しました。雨のため,講堂に道路が再現され,信号機や一旦停止の標識も設置されました。
 車は左側走行という状況をよく考えながら,交通法規を守り,安全な走行ができるよう教えていただきました。
 北警察署の方やボランティアの方,学生ボランティアの方に応援していただきながら,子どもたちは,真剣に自転車を運転していました。
画像1
画像2
画像3

☆自由参観日☆その2

 自由参観日。2年生の教室をのぞくと,国語の時間でした。すてきな舞台が用意され,「スイミ―」の音読をペープサートとともに発表していました。
 音読のめあてをもちながら,聞いて下さる方への思いを込めて発表できました。
画像1
画像2
画像3

☆自由参観日☆

 7月5日水曜日は,自由参観日でした。
 1日のうちの,どこを観ていただいてもよい日です。玄関に全クラスの週予定表を掲示させていただきました。
 1年生の教室をのぞくと,図工をしていました。紙を手でちぎって,できた形からイメージを膨らませて絵を作っていました。クリエイティブな活動をとても楽しんでいました。
画像1
画像2
画像3

花背山の家 たくさんの思い出をありがとう

画像1
画像2
画像3
花背山の家ともお別れです。たくさんの思い出ができました。学校に着いて解散式を行いました。各自が山の家での活動を通して、感じたことを一言ずつ発表しました。

花背山の家 退所式

画像1
画像2
山の家の主事の方からたくさんのお褒めの言葉をいただきました。校長先生からは、「自律」「挑戦」「友情」「感謝」のそれぞれについて、今後の生活にも生かしてほしいとのお話がありました。おうちの方は、たくさんのお土産話を聞いてあげてください。

花背山の家 4日間を振り返って

画像1
画像2
画像3
班での振り返りと係での振り返りを通して、みんなで四日間でできるようになったこと、課題として見えたことなどを振替しました。
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
学校行事
11/29 4年生 京都モノづくりの殿堂・工房学習
京都市立楽只小学校
〒603-8226
京都市北区紫野西舟岡町2
TEL:075-451-0044
FAX:075-441-5028
E-mail: rakushi-s@edu.city.kyoto.jp