京都市立学校・幼稚園
最新更新日:2017/11/22
本日:count up27
昨日:90
総数:269652
文字: 大きく | 小さく | 標準 配色: 通常 | 白地 | 黒地
ハートフルマーク
 入学予定者対象の就学時健康診断は,11/21(火)(受付13時40分〜)に実施する予定です。

社会見学にいきました!

 土井の志ば漬け本舗と,京の田舎民具資料館に見学にいきました。しば漬け本舗では,売り場だけではなく,実際に袋詰めをしているところや,しば漬けの作り方などを教えて頂きました。京の田舎民具資料館では,実際に使われていたものを見せて頂き,今の道具との違いを話しながら,子どもたちは一生懸命ワークシートに書き込んでいました。
 今日の学習を今後の学習にも生かしてほしいと思います。
帰校時間が少し遅れましたが,天気にも恵まれ,すべての行程を終えて,安全に元気に帰ってくることができました。お弁当のご準備など,ありがとうございました。
画像1画像2

秋の遠足

画像1
画像2
宝ヶ池公園へ行ってきました。
紅葉が始まっていて,自然の美しさを感じることができました。
ウォークラリーの途中で,まつぼっくりやどんぐり,もみじをたくさん見つけることもできました。
最後に,こどもの楽園で思い切り遊んで,楽しんでから帰って来ました。

平成29年度  全国学力・学習状況調査の結果

 平成29年4月18日に,本校6年生を対象に,国語A(主として知識に関する問題)・B(主として活用に関する問題)と算数A(主として知識に関する問題)・B(主として活用に関する問題)の2教科の4つのテストと,家庭の過ごし方や家庭学習の時間等を問う調査も実施しました。この全国調査は,毎年実施されているものです。では,今年度の調査結果をもとに,生活習慣と学力の関係等,本校の子どもたちの状況をお伝えします。
国語科より
A(主として知識)問題は,全国平均と同等でしたが,全市平均よりは少し下回っていました。領域で見ると,「話すこと・聞くこと・読むこと・書くこと」については,全国や全市平均を少し下回っていました。漢字の読み書きについては良くできており,全国・全市の平均を上回っていました。これは,普段の漢字練習によるものではないかと考えられます。
B(主として活用)問題は,全国・京都府より上回り,京都市の平均と同等でした。各問題の正答率は全国や全市と比較しても上回っていました。ただ,全国・全市より下回ったのは,記述式の問題で,無解答や途中までしか記述できていないことが,全国・全市より少し多かったことが原因として考えられます。
A・Bの問題とも,「書くことと・読むこと」について伸ばしていきたいと考えています。そのためにも,読書活動をしっかりと取り入れていき,自分の考えや思い等を書く活動を充実させ,最後まであきらめずに問題に向き合おうとする意欲をさらに育んでいきたいと考えています。
算数科より
 A(主として知識)問題は,全国よりも上回っていましたが,全市よりも少し下回っていました。正答率は8割を越えており,2問を除いては,全国・全市より上回っていました。これは,普段の授業の中で,自分の考えを図に表すことや考えたことを話し合うことをどの学年でも大切に行ってきた成果だと,今後も引き続き取り組んでいこうと考えています。ただ,下回った2問(「分数」と「正五角形」)の問題については,問題の意図が十分捉えきれていないようなところがあったので,今後も定着が図れるような技能面も伸ばしていきたいと考えています。
 B(主として活用)問題は,全国平均と同等でしたが,全市平均より少し下回っていました。算数科のB問題も,国語科のB問題と同じで,各問題とも全市平均とほぼ同じような正答率ではありますが,記述式の問題において無解答もしくは,途中までしか記述できていないことがありました。計算技能だけでなく,自分の考えを書いたり説明したり,話し合ったりまとめたりする活動を今後も大切に実践していきたいと考えています。
学習状況調査から
 学習状況調査の項目の中に,国語科や算数科に対する問いがいろいろあります。その項目の中に,「国語の勉強は好きですか」と「算数の勉強は好きですか」という設問があります。国語については全国・全市より少し下回っているのに比べ,「算数の勉強が好きだ」と回答してくれている子どもが全市・全国をかなり上回っていることは,本校が算数科の校内研究を5年間続けてきた成果だと思っています。また,「好きな授業がありますか」という設問も,全国・全市に比べてかなり上回っていました。
本校だけでなく,京都市の全ての学校で,道徳や英語,その他にいろいろな教科を決めて校内研究(授業研究)を実施しています。それは,指導者が子どもたちに教える授業力をアップしていくためのとても大事な研修です。先日も,3年生の公開授業がありましたが,子どもたちは自分の考えたことをまとめたり,上手に説明したりしていて,楽しく授業を行っていました。校内研究の授業は,教師だけでなく,子どもたちも大きく成長させています。
ただ,気になるのが,家庭学習の時間が極めて少ないことです。特に復習については,全国・全市に比べかなり下回っています。また,家庭での読書も同じことがいえます。また,「家で宿題をする」設問は,全国・全市と同等でした。このことから,きめられたこと,与えられたこと(宿題等)は,頑張っていますが,計画的に学習をしている子は5割ぐらいしかいないようです。中学校に向けて,自ら考えて家庭学習ができるように,今後も取り組んでいきたいと考えています。
保護者の皆様へ
 全国調査は,子どもたちの学習状況を知り,子どもたちの力をさらに伸ばしたり,課題を解決したりしていくためのものです。結果が学力の全てではなく,また順位を競うものでもありません。学校・家庭・地域で,地道に積み重ねていくことで学力は定着していきます。今後も,子どもたちの健やかな育ちと学びの環境づくりにご協力をお願いいたします。
             【柊野だより 11月号の裏面に掲載】

音楽 「音のカーニバル」

 いろんな楽器を試しながら,4人1組でリズムをうちました。
 それぞれのグループの素敵な「カーニバル」が出来上がりました。
画像1
画像2
画像3

共に生きる 6

 体験したことを忘れず,これからの生活に生かしていってくださいね。
 期待しています。
画像1
画像2
画像3

共に生きる 5

 車いす体験をさせて頂きました。
 「思っていたよりも難しい!」「大変!」 大切なことに気付いていますね。
画像1
画像2
画像3

共に生きる 4

 体験の前に,真剣に話を聞いています。
 さあ,相手のことを思って補助できるでしょうか?
画像1

共に生きる 3

 鳳ざきさんが趣味でされている「ツインバスケットボール」用の車いすに乗せてもらいました。競技用だけあって,「動きやすい!」
画像1
画像2
画像3

共に生きる 2

 児童は興味津々で話を聞いています。
 「何かお手伝いできることはありますか?」と声をかけられるような人になってくださいね。
画像1
画像2
画像3

共に生きる

 身体に障がいのある鳳ざきさんに来ていただき,いろいろな話を聞かせて頂きました。
様々なお話を聞かせて頂き,また質問にもたくさん答えて頂き,本当にありがとうございました。
画像1
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

学校便り

学校評価

学校いじめ防止基本方針

学校教育方針

保健だより

「京都市小学校運動部活動等ガイドライン」

学校沿革史

京都市立柊野小学校
〒603-8031
京都市北区上賀茂女夫岩町21
TEL:075-791-4700
FAX:075-722-7310
E-mail: hiragino-s@edu.city.kyoto.jp